人と会話する場合には、できるだけわかりやすい話し方をすることが大切です。伝えたいことが相手にしっかりと伝わらないと会話をしていても、ただ時間だけが過ぎていき結局何が言いたいのか相手にはわからない、理解を得られないこともあります。

伝えたいことを伝えられる話し方としては、はっきりとした言葉でわかりやすく相手に伝えることが重要です。あいまいな表現を使い、はっきりとした発言を避けることは、相手が自分に対してよく知っている人物で性格などを熟知している場合には、会話の内容から想像を働かせこちらの意思を理解してもらえる場合はあります。ですが、相手が初対面である場合や友人や身内などでない場合には、そう都合よくいきません。

見知った仲ではないため、友人や身内と同じような感覚で会話しても相手にとってはこちら側がどのような考えで話しているのかは伝わらず、話をしてもトラブルとなる可能性がでてきます。話し方がうまい方は、誰に対してもわかりやすい話し方を心がけています。そのため、要点をうまくまとめて簡潔にわかりやすい話し方をするように、日々心がけていきましょう。また、相手の気持ちになって会話をすることも大切です。自分の話し方を聞いて相手が理解してくれるのかという点をよく考えて会話をしていくことも重要です。

伝えたいことを相手に聞いてもらうためには、相手の興味を引くようにしましょう。相手が興味を持っているかそうでないかで会話内容が相手の記憶にどの程度残るか、かなりの差がでてしまいます。また、興味を持って話を聞いている場合には相手が理解しようという意識もあるため、伝えたいことがしっかりと伝わる可能性が高くなります。

相手の興味を引くためには、話の道筋をつけ、起承転結を意識した話し方をすることが重要です。会話の最中にも話の内容を発展しやすくなるため、話す側としてもスムーズな会話につなげていくことができます。そして話し方として抑揚をつけて話すということもポイントの一つです。自分が一番相手に伝えたい内容に関してはできるだけ強調した話し方をすることで、相手の印象に残りやすくなります。そのため、話す時に抑揚をつけることで、会話内容の全体から重要な部分だけをより強調して話すことができます。

難しい言葉を多用しないことも大切です。相手が博識で難しい言葉や流行の言葉を好むこともあります。そのため、そのような言葉を好む方に対しては、少し話し方をその人に合わせてみるというのも、一つの方法です。しかし、基本的にどのような人にでも理解しやすい話し方を意識するなら、難しい言葉や流行の言葉などは多用せずに、わかりやすい言葉を選びながら会話を心がけるようにしましょう。

わかりやすい話し方をすることで、より相手からの理解が得られる可能性が上がります。

難しい言葉を使うことで、知的なイメージにみられることもありますが、それは自分のイメージの問題であり、会話によって自分が相手に伝えたいと思うことがあり、相手が理解してくれることを目的とするならば、知的なイメージを維持する必要はありません。それよりも、わかりやすく話すことで、かえって相手から自分の評価が上がることもあるでしょう。

頭の回転が速くわかりやすい会話をしている方は、相手のことを考えて会話するため、相手側もストレスなくスムーズな会話を展開することができます。不快な思いをせずに相手と会話を成立させることも、伝えたいことを相手に伝えられるという点においては重要な要素といえます。

その他にも、会話をする時に内容を省きすぎないということも重要なポイントです。簡潔に話すということはうまく要点をまとめることになり、相手にとってもわかりやすい会話といえますが、相手にとって必要のない会話だと思っても、省いた内容に重要な要素がある場合もでてきます。自分にとってはあまり重要でないと思うような部分でも、相手が会話の全体像を掴むためには必要な内容は、しっかりと伝えることで相手の理解を深めることにもなるでしょう。

人と会話をするということは、単純に見えて意外と難しいものです。ですが、同じ内容であっても話し方一つで相手にとっては受け取り方はかなり違いがでてきます。相手の立場になり、相手が理解しやすい話し方を心がけること、話し方についてもいろいろと自分なりに相手に内容がしっかりと伝わり、自分が言いたいことが相手に対してきちんと伝えられることが最も重要なポイントといえるでしょう。

仕事や私生活ではさまざまな人と出会い、会話をする機会があります。その中でうまく相手に内容が伝わっていないとトラブルの元となり関係がこじれることもあるでしょう。そのような状況を回避するためにも、相手にわかりやすく、興味を持ってもらえる話し方を日々、心がけ相手の反応を見ながら会話をうまく成立させていくことが大切です。