人と話す時に声がうわずることが多い、声が緊張で震えるという方は、人前で緊張や不安によりあがってしまうタイプが多い傾向があります。場慣れしていないと周囲からの視線など注目が集まる状況で過度に緊張してしまうため、口野中がかわき、通常時よりも筋肉が過度に緊張してしまう状態になりがちです。

うまく話そうとすることで余計に力が入り、いつもと同じように話そうとしているにもかかわらず声がうわずってしまうことや震える声になり、周囲に対して緊張していることが気づかれてしまいます。

緊張をせずリラックスした状況をつくる

基本的に過度な緊張は通常時とは違い体にとってはストレスとなり影響を与えることになります。その状態が続いてしまうと健康面においてもいい影響を与えません。また、しゃべることが苦手な場合でも家族や友人など慣れている、信頼している相手に対しては普通に会話できるという場合には、他人や特定の人物、大勢の前でしゃべるなど特定の条件化で声に影響がでてしまうということになります。

緊張や不安というものは、簡単に克服できるものではありませんがあまり意識しすぎないことも大切です。会話をする前に気持ちを少しでも落ち着けるようにするため、深呼吸をしてみることや軽いストレッチなどをして体、そして精神面の緊張をほぐすことも重要です。また、話すということは特にこわいことではないと自分に言い聞かせてみることもいいでしょう。会話することに身構えてしまうと、うまく会話ができずに会話が変になることや声もおかしくなることやしゃべるテンポなども乱れてしまうことがあります。過度に意識せず少しでも気持ちを落ち着けて会話をするということが大切です。

慣れることも大切

人としゃべることが苦手な方は、場慣れすることも必要です。特に大勢の前でしゃべることは周囲からいっせいに注目を浴びることになり、慣れていない場合には誰しも緊張してしまうものです。そのため、場慣れするために少しでも多くの人のいる前で会話をすることやスピーチをする機会を増やしてみることで場数をふむというのも有効な手段です。

最初は家族や友人の協力を得て、会話やスピーチをしてみるなど少しずつ会話をしていくことに慣れていくことが大切です。いきなり大勢の前でしゃべるというのはかなりの勇気がいる行動です。少しずつ人数を増やしていくことで徐々に緊張せずに話せるようになるまで繰り返してみるといいでしょう。

話す内容をあらかじめ組み立てておく

会話をする場合には、ある程度その内容なども事前にある程度のイメージを作っておくことも必要です。会話をする際にそのままさまざまな会話を展開できることが理想ですが、難しい話をする場合や順序よく説明をする必要がある内容の場合には、事前に自分の頭の中でどのような手順で会話を進めるほうがいいのかあらかじめ話す内容を頭の中で組み立てておくといいでしょう。

スムーズに会話が展開できれば緊張や不安などを抱えることなく相手にもしっかりとこちらの話したい内容が伝わります。ですが、内容がごちゃごちゃとした会話や相手にわかりにくい内容の会話では、話しているうちにこちらもうまく説明ができない焦りがでてきます。焦りは緊張をうみ、不安な気持ちになります。そのような展開を回避するためにも、しっかりと話す内容をあらかじめ組み立てておくということは対策として有効です。

ボイストレーニングをしてみる

自分がしゃべるということに対して自信が持てないことが影響している可能性もあるため、自信をつけるためにボイストレーニングをしてみるといいでしょう。しっかりとした話し方ができるようになれば、自分への自信につながり相手にも自分が伝えたい内容がしっかりと伝えることができます。聞き取りやすい話し方を会得することで会話時にトラブルとならず、会話を成立させることができるでしょう。

基本的に、自分に対しての自信を持つことは重要です。積極的に行動していくためにも自信をつけることは有効な手段といえます。会話に関しても積極的に人と会話をするという場合には、自信があるのとないのではかなりの差がでるでしょう。

相手から聞き取りにくい話し方をしている場合には、相手の表情や会話内容から自分の話し方がよくないという点を感じ取ってしまうこともあります。そのため、会話中にどんどん自信を失い余計に会話がうまくいかなくなるという可能性もあります。はっきりと会話すること、わかりやすく相手との会話を成立させることを意識していくためにも、しっかりとボイストレーニングを積んで、聞き取りやすい会話ができるように自分なりに練習をしていくことが大切です。

最後に

さまざまな対策法がありますが、自分にあった対策法をみつけ、自分なりのペースで悩みを解決していけるようにいろいろと試してみるといいでしょう。仕事や私生活で会話をする機会は数多くあるため生活上困らないようにしっかりと会話ができるように対策を日々、行っていけるように心がけていきましょう。