会話力のない人の話し方には、いくつかの特徴があります。話の途中で話すのは、特に目立つ特徴です。人が話している時に、割り込んで話そうとします。割り込まれた人は、不快感を感じます。気にしないで、会話を続ける人もいますが、割り込んでくることを快く思う人はいません。

会話力がない人の特徴

自分が話そうと思っていることが中断してしまうので、会話が途切れることがあります。割り込んできた人が、話を続けてもそれを聞く気になることはないでしょう。人柄のよい人だったら、一応耳を傾けるかもしれません。それでも、礼儀上そのような行動をとるだけです。内心では、こんな人と話したくないと思っているかもしれません。

とにかく自分だけ話そうとする

会話力がない人は、とにかく自分だけ話そうとします。会話は二人の人間がいて初めて成立するものです。自分だけ話していても、会話は成り立ちません。相手のことを気にかけないで、自分だけ話すのは壁に向かって話すのと同じです。

人の話に耳を傾けない

会話力のない人は、人の話に耳を傾けないと言う特徴もあります。人の話を聞くのが苦痛なのです。自分だけ話したくて、それを他の人が聞いてくれないと、怒りだすことがあります。理不尽な怒りなのですが、それを自分で自覚することはできません。相手の話をよく聞かないので、誤解が生まれることもあります。

例えば、相手の話を最後まで聞かずに、残りの部分は自分で推測して行動しようとします。このようなことをすると、とんでもない結果を招く場合があります。上司の話で、最初は注意の言葉があって、その後は褒め言葉が話されたとします。話しを聞かない人だったら、注意された部分だけ聞いて、褒め言葉を言われている時は、上の空になります。その結果、その上司に対して憎しみだけが残ります。それ以降は上司との関係が悪くなり、会社の仕事もうまくいかないかもしれません。

自分の話をまとめられない

会話力のない人のもう一つの特徴は、自分の話をまとめられないことです。思いつきで、どんどん話していきます。そのために、それを聞く人は、その内容を理解しにくいことがあります。自分の話をまとめられないのは、自分のことしか頭にないからです。他の人のことを考えたら、話をまとめて分かりやすい内容にしようとします。そのような努力を怠るので、他の人とのコミュニケーションが続かなくなります。

話がうまくなるには、いろいろなことに関心を持つことが大切です。現代社会は複雑で、いろいろな情報があふれています。その情報をうまく取捨選択して、自分の中に取り込む必要があります。そのためには新聞に目を通し、いろいろなビジネス書を読まなければなりません。

活字を読むことは、相手の意見を受け入れることです。活字でその練習をしておけば、他の人と話をする時にも役立ちます。世の中にはいろいろな意見があることを理解しているので、相手の話をよく聞こうとします。会話が下手な人は、これができません。自分だけの世界に閉じこもっており、自分の考えていることが、他の人の考えている事よりも優れていると考えがちです。

自分に自信がない

会話が下手な人は、自分に自信がないと言う面もあります。言い換えると、しっかりとした自分なりの考え方を持っていないのです。自分の考えがあれば、相手の考えを受け入れられるようになります。自分なりの考えを持っていなかったら、特に各自分の言うことを人に認めてもらいたくて、一方的に自分だけ話すことになります。

自分が絶対正しいと思っている

会話が下手な人は、自分の言うことやすることだけが、正しいと思う特徴もあります。他の人の話に耳を傾けないので、どうしても独善的になってしまいます。他の人の言うことを聞いていれば、いろいろな考え方が世の中にはあることが分かるようになります。しかし、それができないので、自分のことを絶対視してしまいます。そして、自分のことを批判されると、怒り出すことがあります。

怒りっぽい

会話がうまく出来ない人は、怒りっぽいのです。自分の主張が通らないと、怒りを感じます。その人だけの主張に従って、世の中が動いていくわけではありません。自分の主張ばかりを押し付けようとすると、ほとんどの人は呆れてしまいます。怒りを感じて、その人を避けようとする人も出てくるでしょう。

最後に

会話力のない人は、結局孤立してしまいます。孤立するとますます意固地になって、他の人と話ができないようになります。このような悪循環は断ち切らなければなりません。

断ち切る第一歩は、他人の話に耳を傾けることです。

自分が話したいことがあっても、我慢します。最初は難しいかもしれません。それでも、耳を傾けるように努力を続けます。それによって、次第に相手の気持ちが分かるようになります。

その人の気持ちが分かることは、会話をしている人にも通じます。この段階に来ると、会話はスムーズに進行するようになります。どんな人にとっても、自分の気持ちを理解してくれる人は好ましい存在です。二人の間には信頼関係ができて、それに基づいた会話ができるようになります。

【PR】テレビ朝日系コンテスト「全国1位」アナウンサーが明かす「トーク&セミナーの達人」講座DVD