世の中には色々な職業がありますが、実はサラリーマンという職業は、最も過酷で、最も割の合わないという職業なのです。そのため、多くの人が脱サラをもくろんできました。では、この職業に向いていいない人はどのような特徴があるのか見ていくことにしましょう。

与えられた規律が守れない人

これは決して不真面目な人を指しているというわけではありません。普通の社会人は、決まった時間に出社しなければいけません。しかし、この当たり前のことに対して何も疑問を持たない人はいいのですが、疑問を抱いてしまう人がいます。例えば、納期に間に合わせるため、夜遅くまで残業していたとします。

そして、やるべき仕事が終わったとして、次の日は当然のように同じ時刻に出社しなければいけません。早朝に出社しなければいけない理由は特にないにも関わらず、睡眠時間を削ってまで定められた時刻に出社しなければいけないことは、普通に考えたら理不尽なことです。

しかし、それに対して何の不満を持たないのがサラリーマンで、おかしいと疑問を持ってしまう人はこの職業に向いていないということになります。これは、会社において就業規則が定められているからで、どんな事情があろうともそのルールに従わなければいけないからです。そこには何の自由もなく、ただ機械のように働かなければいけないのです。

働いた分は報酬を貰わなければ満足できない人

日本のビジネスパーソンにとって、代名詞ともなっているのがサービス残業です。どんなに残業をしようとも残業代が全額支払われることはほぼありません。残業代を払わないことは、給料未払いと同じことなので違法になります。

しかし、この違法がまかり通っているのが日本の社会なのです。全く支払わないのであれば、訴えられて企業は負けることになるので、うまい具合に調整して全額は払わないようにしています。

例えば、残業を申告制にしていることです。理由を述べて上司に承認を得なければ残業をすることができないので、残業代を得るには上司の承認を得て残業をしなければいけません。しかし、理由を述べたところで、お前の仕事の仕方が悪いからだと突き返されることが多くあります。

そのため、罪悪感から残業を申告できずに、サービス残業と化すのです。当然このような制度に我慢できない人はいます。働いた分は1秒たりとも無駄にはしたくないので、報酬をきっちりもらうべきだと主張する人です。このような人は日本の企業で働いていると、周りを敵にしますので結局のところサラリーマンとしてやっていくことはできません。

理不尽な要求を受け入れることができない人

サラリーマンをしていると、上司や顧客から無理難題を押し付けられます。顧客からの要望には、応えることも必要ですが、ある程度コミュニケーションをとることによって突き返すことも可能です。ただし、上司の命令は絶対なので、不本意であっても従わなければいけません。

これは、組織で働くにあたって避けることができないことなのです。つまり、あらゆることに対して従う忠誠心が強い人ならば問題ないのですが、こういった理不尽に対していちいち反発してしまう人は向いてないのです。その日のスケジュールは自分で決めたいし、予定を狂わされることを嫌う人は組織で働いていて満足できるはずがありません。

このような人は大抵優秀で、自分だけでも仕事をすることができますし、周りから命令されなくても高いパフォーマンスを発揮することができます。

束縛されることが嫌いな人

組織に所属していて、社員という立場になっていると、どうしても自由がなくなります。出勤時間もそうですが、さらに、仕事の内容や、勤務地まで組織の都合で変えられてしまいます。それは、家庭を持ったとしても同じことです。急に慣れ親しんだ土地から引っ越しを余儀なくされてしまうことはサラリーマンではよくあることです。

しかし、これに対して何も文句を言うことができません。

引っ越しというのは本人の希望で移ることが理想なのですが、ほとんどの場合は会社都合によって引っ越しをしなければいけません。その点、例えばフリーランスであれば、自由に住む場所を変えることができます。例えば、好みに合わせて住む場所を変えることができ、会社員とは違う人生を歩むことができます。

このように、ライフスタイルを束縛されることが嫌いな人も向いてないと言えます。

まとめ

ここで挙げた以外にもサラリーマンに向いてない人の特徴はいくらでもあります。ここで、共通して言えることは、フリーランスなどでやりくりできる人は、とても優秀な人で、自分だけでも規律を作り、周りに命令されることなく仕事を遂行できる人です。

つまり、仕事をやらされるのではなく、主体的に仕事をする人が向いているのです。このような人は組織にはあまりいません。組織に属して満足している人は基本的には命令されなければ動けない人の集まりだからです。